結婚式のお金を借りるためにブライダルローン組むってどうなの?

結婚式のためにブライダルローンを組むっておかしい?

結婚式のためにお金を借りようか迷ってる方はとても多いと思います。
まず初めに言っておくと、お金を借りること自体は全然変ではありません。
なぜならば、結婚式というのは、最終的に出ていくお金に対して、
一時的に出ていくお金が多すぎるからです。
そのため、お金を借りるという選択肢をとってもリスクがない方もいらっしゃいます。

また、ご祝儀分を差し引いてもお金が足りないという人も多いと思いますが、
そういう方も、一生に一度だから!という理由で、
終わってから返すことを前提にお金を借りるということは全然変ではありません。
実際のデータでも、

2016y09m22d_215301899

引用:http://www.ozmall.co.jp/
このように出ており、わずかではありますが、
お金を借りている方はいらっしゃいます。
一生に一度の結婚式。返せるのであれば、お金を借りてでもやってみる。
というのは、誰にも責められないですし、
なんの負い目も感じる必要はありません。

結婚式の見積もりってどれくらい??

では、まず結婚式のお見積りというのは、どの程度になるのでしょうか。
これは私が結婚したばっかりなので、
実際のお見積りを掲載します。

■ヒルトン東京(100名の場合)
%e8%a6%8b%e7%a9%8d%e3%82%82%e3%82%8a

うーん、、高いですね。。。
また、大抵ですが打ち合わせを重ねるにつれて、
100万円程度は上がります。。

そして支払日は大抵の挙式場が2週間前が目安です。
また、クレジットカードを使えない挙式場も多く
借入を迫られている方は本当に多いことでしょう。
※ヒルトンは使えましたけどね

実際の自己負担額はどのくらいなの?

さて、上の見積もりの中で実際の自己負担額はどの程度なのか。
これが肝ですよね。

大体の目安ですが、余程特殊な式でない限り、
お見積り-(人数×3万円)が目安といわれております。

勿論、お車代等々で出ていくお金も有りますが、
親族で多少大目にはらってくださる方や、
会社上司などで、大目に払ってくれる方もいるかと思います。

そのため、実際の目安は上記の式となっております。

結婚式費用を借りる場合ってどんなところがあるの?

結婚式費用を借りるとすると借りる時期によって借りれる会社が異なります。
まとめると、下記のような形になります。

サービス名 金利 限度額 融資まで
ブライダルローン 2%~5%程度 500万程度も可能 大体2日~7日
カードローン 10%~17%程度 100万程度 最短即日~2日

カードローンは実際にはもっと高い限度額の会社や、
金利がもっと低い会社も確かにあります。

ただし、カードローン会社が公開している限度額と、
あなたに許可される限度額は異なります。
初回の利用で実際に審査がなんなくおりるのは上記の金額程度となります。

そのため、100万程度と記載させて頂きました。

さて、わかりましたでしょうか?

時間は掛かりますが、基本的にはブライダルローンを選んだ方が、
限度額も、金利も良いと言えるでしょう。

ただし、結婚式の直前になって借りたい方はカードローンでも良いと言えるでしょう。

誰でも借りれるの??

基本的に、定職についていない方や、未成年の方は借りれません。
返済能力があるとみなされませんので、、
実際の事例を見てみますと、
ただし、カードローンであれば、アルバイトの方でも借りれる場合があります。
大体1年程度の期間において、15万円程度の安定した収入が示せれば、
借りれるケースが多いです。

ただし、このような方は実際に借りてしまうと、
返済に困ってしまうため、大きな金額は借りないようにしましょう。

もし、借りる場合もご祝儀で返せる分だけにしておくようにしましょう。

保証人は必要?

保証人に関しては、ブライダルローンは、あった方が無難です。
審査も通りやすくなりますし、金利も低くなるケースが多いです。

もし、可能だとしたら、旦那様が借りて、奥様が保証人とか、
親御さんに保証人を頼むなどすると、
借りられる可能性がグッと高まります。

ただし、保証人になってもらうのは恥ずかしいかもしれません。
その場合は、いくつかのブライダルローンの会社がありますので、
最初は保証人なしで審査に挑戦してもよいかと思います。

カードローンに関しては保証人は必要ありません。
カードローンというものは、そのようなメリットがあるため、
金利が高いのです。逆に保証人等が準備できず、
審査も通らない場合はカードローンの方が向いていると言ってよいと思います。

審査って厳しいの?

審査はそこまで厳しくはないでしょう。
住宅ローンなどに比べれば、
ブライダルローンもカードローンそこまでの金額ではないため、
厳しくはありません。

どんな書類が必要なの?

必要な書類はブライダルローンの場合は結構多いですが、
カードローンの場合はそこまで多くありません。
(※大抵が運転免許証と、金額によっては収入証明書程度)

ブライダルローンの場合は
大体下記のような場合多いと言えます。

  1. ご本人さま確認資料の写し
    (運転免許証または写真入り勤務証明書など)
  2. 勤続(営業)年数を確認できる書類の写し
    (健康保険証、ねんきん定期便など。個人事業主の方は、開業届や初回確定申告書の写しなど)
  3. 所得証明書類(源泉徴収票、住民税決定通知書、確定申告書など)※1
  4. 資金使途および所要金額を確認できる書面の写し
  5. ブライダルローンのご返済用預金口座の通帳写し(お借り換えの場合)
  6. 返済予定表など残高を確認できる書面の写し(お借り換えの場合)
  7. 銀行のお届け印
  • ※1郵送契約でのお申し込みの場合、所得証明書のご提出が不要です。
  • お手続きに必要な書類については、原本を確認させていただきます。また、上記以外の書類が必要となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

実際借りて、みるとどんな感じになるの?

ざっくりとですが、金利が5%で2か月で返した場合

借入金額 返済額 うち利息
100万円 101万円程度 8000円程度
200万円 202万円程度 16,000円程度
300万円 302.5万円程度 25,000円程度

実際に2か月でキチンと返せばこの程度です。
そのため、本当にお金が足りない方は無理をせず借りても良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加